小売店

コンビニとは、コンビニエンスストアの略称であり、小売店の一種です。
コンビニで扱われている商品には、食品、文房具、化粧品、書籍などがあります。
一般的には、24時間営業となっている店舗が多いです。ただし、一部の店舗では決まった営業時間内だけ店を開けているケースもあります。

コンビニは、フランチャイズと呼ばれる仕組みを取って、全国的にチェーン店を展開しています。
フランチャイズには色々な定義がありますが、本部となる事業所と加盟店の存在によって成り立つ仕組みです。
加盟店は、加盟金やロイヤリティなどを一定の対価として支払います。この対価を支払うことで、本部から経営ノウハウの提供を受けたり、看板の使用を認められたりします。
このように、全国にチェーン展開したい事業主と、店を開きたい人のメリットが一致したのがフランチャイズという仕組みです。
つまり、フランチャイズの場合、一店舗で働く店主はその店の経営者ということができるのです。

経営ノウハウがない人が店を開く時にはリスクが伴います。また、開業までに多額の資金が必要となる可能性があります。
そのため、フランチャイズの仕組みを利用することで、経営者でありながら本部より経営ノウハウを教わることができるというメリットがあります。
フランチャイザーとなる事業所の看板を使用できるので、消費者からは知名度と安心感が得られます。つまり、知名度と信用のある商標も、一定の対価と交換にして使用を許可されるのです。

このように、フランチャイズは本社にも店主にとっても、双方にとってメリットが生まれる仕組みだと言えます。

イチ押しリンク

フランチャイズでコンビニを開業させよう!『フランチャイズコンビニ経営』

RSS for Posts RSS for Comments